2016年12月20日

小説 村山由佳 海を抱く 読了 感想 ネタバレ注意


村山由佳

海を抱く

★★★★

性と生を対比させた描写はいやらしくなく、むしろ綺麗と思いました。

まさに性と生を混ぜ合わせた儀式はしたたかに生きるためには必要だと思いました。

徐々にプラトニックな両想いに辿り着く二人の健気さには感情移入しました。

痛々しいまでの愛情にはきっと共感する人は多いかもしれません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

読んでいただきありがとうございました。

posted by 人見利香 at 22:06| Comment(0) | 読書 村山由佳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

小説 村山由佳 すべての雲は銀の 感想 ネタバレ注意

村山由佳さんのすべての雲は銀のを了読しました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
フェイスブックまたは読書メーターで読友というのか読書家からオススメされました。大失恋して嘆き悲しみながら探し出した一冊でした。人生の岐路をじっくり考えたい人には是非ともオススメしたい一冊だと思いました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
読んでいただき、ありがとうございました。
posted by 人見利香 at 22:39| Comment(0) | 読書 村山由佳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

小説 村山由佳 すべての雲は銀の 途中経過 感想

次なる読書には村山由佳さんの小説であるすべての雲は銀のにしました。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
読んでいただき、ありがとうございました。
posted by 人見利香 at 23:12| Comment(0) | 読書 村山由佳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする