2019年11月12日

2019年11月11日 月曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(染井為人、唯川恵、柚月裕子、角田光代)


✂︎------------------------------------✂︎

こんばんは。

BGMはauうたパスにある阿部寛さん、溝端淳平くん、松嶋菜々子さんによる映画『祈りの幕が下りる時』に使用されたジュジュさんによる『東京』を選曲しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【通常日記】

内村光良さんによるバラエティー番組『痛快TV スカッとジャパン』にIKKOさんがゲスト出演しましたけれど見逃しました。

マツコ・デラックスさんと村上信五くんによるバラエティー番組『月曜から夜ふかし』は見逃しました。

午前中はずっと電子書籍を読書しました。

昼食後はケイゴリン(東野圭吾さん)『希望の糸』を加筆修正しましたけれど手書きした読書感想文を書き写すのは面倒臭い作業ゆえに諦めました。

午後はまた電子書籍を読書しましたけれど疲れましたから仮眠しました。

夕食後はケイゴリン(東野圭吾さん)『祈りの幕が下りる時』を読書しましたけれど読書自体は年内に終わるかもしれません。

ケイゴリン(東野圭吾さん)『沈黙のパレード』は読書が出来ませんでした。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さん『震える天秤』を読書しました。

石橋昇流の父である石橋宏曰く本業は金貸しである金融だったけれど飲食店や中古車販売を手掛けるなど商売自体は才覚ありました。

不意に石橋宏は俊藤律を自宅に招待しましたけれど案の定、石橋宏曰くコンビニエンスストア「FYマート」にご立腹を抱きました。


俊藤律はベスパを運転しながら石橋宏が運転するレクサスLXに付いていきましたけれど案の定、石橋宏は荒い運転を行ないました。

到着した石橋宏の自宅は豪奢だったし車はマーチ以外にはフェラーリにあるスパイダーがあるし車好きな俊藤律は驚愕を抱きました。

念の為、俊藤律がスパイダーの持ち主を確認したら石橋宏曰く、石橋昇流は自動車免許がなかったし石橋宏の妻である石橋多恵が息子である石橋昇流をコンビニエンスストア「FYマート」に送迎する作業を行ないました。

早速、居間に招かれましたけれど俊藤律が確認したら石橋宏曰く石橋多恵はショックから立ち直れないし二階に引きこもりしました。

俊藤律が石橋宏に石橋昇流の写真の有無を確認したら抽斗からアルバムを出しましたけれど成人式の石橋昇流に石橋宏の面影は皆無だったし石橋宏曰く石橋多恵の連れ子でした。

突如、石橋宏は急にビールを用意しましたけれど俊藤律は制止し麦茶をいただきました。

不意にコンビニエンスストア「FYマート」に戻る予定ながらビールすら飲んだし警察や代議士とは昵懇ゆえに捕まりませんでした。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある唯川恵さん『あなたへの日々』を読書しました。

兄の四十九日法要後にようやく母は見舞いに来ましたけれど成井曜子を献身的に看病しましたから成井曜子は安堵感すら抱きました。

退院後、成井曜子はリハビリを兼ねながら水泳を行なったし傷跡はむしろ勲章だったけれど一周忌法要、母は兄の遺影を眺めながら茫然自失だったから成井曜子が自分自身を責めたら父は成井曜子には叱責を行ないました。

それなのに母は成井曜子には無関心でした。

母はいまだに成井曜子を赦しませんでした。

それゆえに成井曜子は東京にある大学に進学しましたけれど滅多に帰省しない成井曜子を父は心配しましたけれど母は無関心でした。

母から距離を置く為に東京に就職しました。

居酒屋に到着した成井曜子は徹也を探しましたけれど徹也はカウンター席に座りました。

田村徹也は広告代理店に勤務しましたけれど成井曜子と田村徹也は大学生時代に仲良くなった腐れ縁だったけれど仲間内に居た成井曜子以外は就職活動はしっかり成功しました。

成井曜子はあれ以来ずっと水泳を継続したしインターハイに入賞しましたからスイミングスクールのインストラクターに就きました。

就職浪人の成井曜子は就職試験に再挑戦しましたけれど見事に惨敗したし挫折しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

その後、杉浦加奈子からの電話曰く講演会の日程は決まったけれど大々的な講演会ゆえに高村文絵は面食らったし困惑を抱きました。

心配する高村文絵の異変に気付いた杉浦加奈子曰く飯田章吾に折り返し電話させました。

早速、飯田章吾からは電話をもらいました。

講演会当日、高村敏行に杉浦加奈子の別荘に行く旨を伝えましたけれど高村敏行は高村文絵の出鱈目に案の定、気付きませんでした。

電車を使い高村文絵は飯田章吾から指定をされたイタリアンレストランに向かいました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

田村小夜子は田村修二の愚痴を言いました。

✂︎------------------------------------✂︎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✂︎------------------------------------✂︎

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: