2019年09月30日

2019年9月29日 日曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(石田衣良、染井為人、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人、角田光代)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

BGMはauうたパスにある中島美嘉さんを選曲しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

 【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある石田衣良さん「絶望スクール 池袋ウエストゲートパーク15」を読書しました。

ようやく稲垣照星は安藤崇に謝罪しました。


稲垣照星よりかんじんな青山智則を轢き殺した犯人は見付からないし作戦会議しました。

青山隼吾は青山智則を轢き殺した犯人を見付ける為に本来である正社員は辞めてました。


真島誠は西一番街の果物屋に帰還しました。


真島誠は青山隼吾の依頼を断る予定でした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さんによる「正義の申し子」を読書しました。

佐藤純は母に八つ当たりし暴言吐きました。

佐藤純は怒りを制御出来ない性格だったし張本人である佐藤純はコンプレックスでした。

するとスマートフォンが通話状態だった為に電話をかけてきた森口は怒声を訝りました。

本名が栗山鉄平だと自己紹介を行いました。

何故か佐藤純を直に見付け出す予定でした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】 

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「ウツボカズラの甘い息」を読書しました。

杉浦加奈子が高村文絵を解放しない為に不承不承、携帯電話番号を書いたし渡しました。

杉浦加奈子は勝手に思い出話に饒舌でした。

結局、杉浦加奈子の別荘に行く予定でした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

いきなり大崎康政は凶器を語ってきました。

襲撃事件の際、大崎康政は練習用の短い野球バットで殴られたことをやっと伝えました。

村野秋生を犯人のことをまた詰問しました。

何故なのか大崎康政から信用をされました。

ようやく大崎康政は犯人を語り出しました。

早速、村野秋生は乾に対し報告をしました。

大崎康政曰く菊池省吾から襲撃されました。

すると本橋怜治曰く案の定、芦田浩輔は自宅に居た長住光太郎を捕獲しましたけれど犯罪被害者支援課に来たくせに黙秘をしました。

目黒中央署から犯罪被害者支援課に行きましたけれど長住光太郎は反省しませんでした。

村野秋生は長住光太郎に対し怒鳴りました。

長住光太郎曰くノーコメントを貫きました。

怒る村野秋生へ芦田浩輔は制止をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

黒宮智人は芹沢久美子と芹沢悟を監禁し暴行した二人組の片方、角刈り頭を覚えました。

早速ホステスに描いた似顔絵を見せました。

角刈り頭からの紹介だと嘘すら述べました。

黒宮智人のイラストは写真に匹敵しました。

ホステスは躊躇いつつ鍋島だと言いました。

鍋島は吝嗇家だし肉体関係を強要しました。

あるホステスは鍋島の名刺を所持しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。


小鳥遊優と天久鷹央は時山由梨を回診する為に病室へと向かいましたけれど時山由梨は時山文太の転落死を知らないから憂鬱でした。

すると天久鷹央は天久真鶴に捕獲されましたし唯一無二、姉である天久真鶴は敵でした。

天久鷹央が仕事をサボったから怒りました。

案の定、天久鷹央を拉致し連行をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

小鳥遊優と天久鷹央は絶体絶命なのでした。

いきなり大河内和之が助け舟を出しました。

天久鷹央が馬鹿正直に返答する前に小鳥遊優は適当に興味がある素振りを演技しました。

大河内和之から体験生活に案内されました。


数日後、二人はとある場所に到着しました。

実は一行は大宙神光教に当選していました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる「対岸の彼女」を読書しました。

田村小夜子は楢橋の明るさに期待しました。

翌日、昼前に大久保の事務所へ行きました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: