2019年11月25日

2019年11月24日 日曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(秋吉理香子、染井為人、唯川恵、柚月裕子、角田光代)


✂︎------------------------------------✂︎

こんばんは。

✂︎------------------------------------✂︎

【通常日記】

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある秋吉理香子さん『灼熱』を読書しました。

不意に川崎咲花子は佐藤絵里を手に入れた顔を想起しましたけれど料理に専念しました。

久保河内英雄はメニューを大絶賛しました。

佐藤絵里は久保河内英雄の蘊蓄話には辟易しましたし久保河内英雄はやっと黙りました。

しかしながら、久保河内英雄曰くスーパーマーケットに居た佐藤絵里が泣いた姿を柴田の妻から聞いたらしく何事なのか訊きました。

当然ながら、佐藤絵里は適当に誤魔化しましたし久保河内英雄はいまだに騙されましたけれど再度また佐藤絵里に確認を促しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さん『震える天秤』を読書しました。

岩本和夫は落井正三爺さんの隣人ゆえに事故当初はマスコミからの取材に対応しました。

岩本和夫に埜ヶ谷村集落の一件を訊きましたけれど半年後には吸収合併が決定しました。

案の定、埜ヶ谷村集落は過疎化がしました。

岩本和夫曰く落井正三爺さんには子供は居なかったし十五年前に妻は既に他界しました。

兄弟すら戦争中にとっくに他界をしました。

二十年近く飼った愛犬である小太郎の他界をきっかけに認知症らしき症状は悪化しましたけれど岩本和夫などはサポートをしました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある唯川恵さん『あなたへの日々』を読書しました。

帰宅後、成井曜子は父から電話をもらいましたけれど父曰く母は何故なのか不眠でした。

成井曜子は兄の命日間近だと気付きました。

父は成井曜子に建築会社の事務仕事を斡旋しましたけれど帰省しない為に断わりました。

しかしながら、父には罪悪感を抱きました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚木裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

秦圭介は手持ち無沙汰ゆえ苛々しましたけれど寺崎に電話した中川菜月曰く寺崎は高村文絵を事情聴取する為に連行する予定でした。

医師曰く、高村文絵はたまたま貧血でした。

高村文絵は点滴されたし眠っていましたけれど命に別状ない為に秦圭介は安堵しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

楢橋葵は多少なりに罪悪感すら抱きました。

野口魚子は更に孤高が強まりましたけれど野口魚子は楢橋葵に愚痴を言いませんでした。

✂︎------------------------------------✂︎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✂︎------------------------------------✂︎



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。