2019年11月24日

2019年11月23日 土曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(秋吉理香子、染井為人、唯川恵、柚月裕子、角田光代)


✂︎------------------------------------✂︎

こんばんは。

✂︎------------------------------------✂︎

【通常日記】

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある秋吉理香子さん『灼熱』を読書しました。

買い物を終えた絵里は川崎咲花子だった時代からの想起を終えたし不意に久保河内英雄の患者である柴田の妻が現れましたけれど泣いている姿を見られた絵里は逃げ去りました。

夕食である油淋鶏などを気分転換に作っていたらようやく久保河内英雄が帰宅しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さん『震える天秤』を読書しました。

「泣Rーシン 総合建造物解体工事」の作業員に埜ヶ谷村集落に到着する所要時間を教わったのに俊藤律はベスパゆえに疲れました。

俊藤律は落井正三爺さんに面会出来ない為にまずは埜ヶ谷村集落の町役場に行きました。

町役場の職員である岩本和夫が現れました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある唯川恵さん『あなたへの日々』を読書しました。

久住陸曰く楽な生活を送る為に美大に進学しましたけれど彫刻は性に合わない閉鎖的な世界観ゆえに久住陸は造形美術を行いました。

久住陸の放蕩に成井曜子は嫌悪感を抱きましたけれど久住陸に半ば羨望すら抱きました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚木裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

秦圭介は高村文絵に任意同行を求めたけれど高村文絵はすぐに拒絶反応を行ないました。

高村文絵は解離を起こしたし気絶しました。

10

秦圭介と中川菜月は高村文絵が搬送された松戸市立中央病院の待合室に待機しましたけれど秦圭介に救急センターは落ち着きませんでしたし様々な夢想をひたすら行ないました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

野口魚子は学年中からは総スカンされましたけれど楢橋葵はプライベートには無知だったし学校内ではいまだに交流しませんでした。

✂︎------------------------------------✂︎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✂︎------------------------------------✂︎



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。