2019年11月21日

2019年11月20日 水曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(秋吉理香子、染井為人、唯川恵、柚月裕子、角田光代)


✂︎------------------------------------✂︎

こんばんは。

✂︎------------------------------------✂︎

【通常日記】

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある秋吉理香子さん『灼熱』を読書しました。

川崎咲花子と忠時は貸衣装を借りながら写真館で結婚写真を撮ったし結局、川崎咲花子に同情を抱いた忠時が川崎姓を名乗りました。

川崎忠時の仕事ぶりは「企業戦士」扱いされたし最終的に中古マンションを買いました。

川崎忠時が退職した半年前、流産した川崎咲花子は茫然自失状態だったし、それから川崎忠時の医療保険を調べたら解約してました。


不意に久保河内英雄から電話がありました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さん『震える天秤』を読書しました。

それほど石橋昇流に対する好感度は低かったし事故死=天罰だとオフレコしてきました。

須田由美子は石橋宏に嫌悪感を抱きました。

須田由美子曰く石橋昇流は自動車免許を持っていながら更新期限が切れて失効しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある唯川恵さん『あなたへの日々』を読書しました。

アダルトチルドレンゆえ困惑を抱きました。

当然ながら田村徹也は知らないままでした。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚木裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

高村文絵は杉浦加奈子の別荘に行きました。

しかしながら、杉浦加奈子は居ませんでしたし仕方なく高村文絵は「リュミエール」の事務所に向かったけれどビルは安普請でした。

「コンパニエーロ」すら人気は皆無でした。

不意に挙動不審な高村文絵を訝った初老男性曰く「コンパニエーロ」は引き払いました。

その後、高村文絵と飯田章吾はずっと音信不通だったしクレームはたくさんありました。

ある日、七里ガ浜で男性が殺人事件に巻き込まれたけれど被害者は飯田章吾ではなく見知らぬ赤の他人だし高村文絵は安堵しました。

それなのにいまだに音信不通は続きました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

真野亮子は二人に思い出話すら語りました。

✂︎------------------------------------✂︎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✂︎------------------------------------✂︎



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。