2019年11月17日

2019年11月16日 土曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(秋吉理香子、染井為人、唯川恵、柚月裕子、角田光代)


✂︎------------------------------------✂︎

こんばんは。

✂︎------------------------------------✂︎

【通常日記】

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある秋吉理香子さん『灼熱』を読書しました。

すでにテレビは川崎忠時の転落死と詐欺行為を報道しましたが不意にドアホンが鳴ったし自宅マンションの共同玄関を映しているモニターを見ていたらマスコミが殺到しました。

次第に専用玄関のドアホンすら鳴りました。

絵里とマスコミが押し問答を行っていたら現われた管理人はマスコミを蹴散らしました。

絵里はテレビボードに置いてある結婚式の代わりに写真館で撮影した写真を眺めました。

絵里は川崎忠時のプロポーズを回想しましたけれど互いに家族や親戚は居ませんでした。

絵里は偽名だし当時は本名の咲花子でした。


咲花子の父はシングルファーザーだったけれど交通事故に巻き込まれて他界しましたが犯人は見付からないし咲花子は偵察しました。

村集落だったし父の兄である伯父は村八分を懸念したりお金の算段を行なっていました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さん『震える天秤』を読書しました。

俊藤律が酒井康介に防犯カメラの映像を要求しましたけれど石橋昇流が立ち読みしている最中に落井正三爺さんが運転する暴走した軽トラックが突き破って突っ込んできました。

酒井康介曰くコンビニエンスストア「FYマート」のオープニングスタッフである須田と石橋昇流の関係性は良好な関係なのでした。

無理矢理、須田の連絡先を聞き出しました。


俊藤律はインターネットから予約したシティホテルをチェックインしたら居眠りしましたけれど悪夢を見ていたら携帯電話が鳴ったけれど里美ではなく実里から電話がきました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある唯川恵さん『あなたへの日々』を読書しました。

久住陸は成井曜子の傷跡を称賛してました。

久住陸はアトリエの住所と電話番号を書いたコースターを成井曜子に渡し辞去しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

高村文絵は杉浦加奈子と飯田章吾の関係性を邪推したし杉浦加奈子に嫉妬を抱きました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

楢橋葵と野口魚子は夕食の為に真野家にある食堂に向かいましたけれど真野亮子の夫である真野フトシ、真野フトシの母である真野ミサ、真野亮子と真野フトシの息子である真野真之介が居るし楢橋葵はビックリしました。

✂︎------------------------------------✂︎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✂︎------------------------------------✂︎



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。