2019年11月15日

2019年11月14日 木曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(秋吉理香子、染井為人、唯川恵、柚月裕子、角田光代)


✂︎------------------------------------✂︎

こんばんは。

✂︎------------------------------------✂︎

【通常日記】

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある秋吉理香子さん『灼熱』を読書しました。

絵里は忠時にある盲腸の手術痕に気付いたけれど遺体に結婚指輪がないし否定しました。

しかしながら、男性警察官に見せられた遺体の所持品は絵里が忠時にプレゼントした財布が含まれていたし絵里は憮然を抱きました。

女性警察官から付き添われながら介抱された絵里は別室まで呼び出され詳細を教わりましたけれど忠時は谷本町にあるマンションから転落死しましたけれど知らない場所でした。

絵里は訝っていましたけれど警察官曰く忠時はマンションにある一室を借りていました。

絵里と忠時は中古である分譲マンションながら3LDKだし夫婦二人だから満足しましたから訝っていたら刑事すらやって来ました。

忠時は大手製薬会社である「安間製薬」に勤務しましたけれど刑事曰く、持参してきた名刺には「潟Gターナル・パートナーズ 代表取締役 川崎忠時」だと記されていました。

刑事曰くサイドビジネスを疑っていましたけれど絵里には全然、関知しない情報でした。

数日後、川崎忠時の転落死を目撃していて通報した人間が容疑者として逮捕されました。

絵里は川崎忠時を殺害したのに何故なのか釈放された英雄の微笑を鮮明に想起しました。


川崎忠時の死後から数日後に刑事である鎌田と吉岡が自宅マンションにやって来ましたけれど絵里は川崎忠時の死から立ち直れない為にシャワーすらしないし汚部屋状態でした。

鎌田と吉岡は川崎忠時を殺害した容疑者である医師の久保河内英雄の写真を見せましたけれど案の定、絵里が関知しない男性でした。

鎌田曰く「安間製薬」に問い合わせしたら川崎忠時は半年前、会社を早期退職しました。

絵里は鎌田と吉岡の話題から川崎忠時が久保河内英雄に騙された投資詐欺の被害者だと合点しましたけれど吉岡曰く、川崎忠時は久保河内英雄に投資詐欺行為した加害者でした。

「潟Gターナル・パートナーズ」の登記すら存在しませんでしたし被害者は久保河内英雄だけじゃなくて被害届は複数出されました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さん『震える天秤』を読書しました。

石橋宏曰く生命保険会社から石橋昇流に対する支払い額は一千万円ゆえご満悦しました。

俊藤律が確認したら案の定、コンビニエンスストア「FYマート」に居たのはスーパーバイザーだったし石橋宏は俊藤律にスーパーバイザーの名刺を譲り渡すし辞去をしました。


俊藤律は昼食を摂る為にファミリーレストランに向かいましたし佐久間に電話しました。

佐久間曰く目的は落井正三爺さんを含めた高齢者による運転問題ゆえに俊藤律が目論んだ石橋宏の本性暴きは見事に却下されました。


ようやく俊藤律は福井県奥越運転者教育センターに到着しましたし霞が関から出向してきた国土交通省の糸井光一と看護師と臨床心理士を所持する講習指導支援員である小野田寛子から交通啓蒙活動の詳細を教わりました。


福井県奥越運転者教育センターを辞去した俊藤律はコンビニエンスストア「FYマート」の本社宛に電話しましたけれど拒否されましたし石橋宏から教わっていたスーパーバイザーである酒井康介宛に電話を行ないました。

俊藤律は無理矢理、酒井康介を脅しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある唯川恵さん『あなたへの日々』を読書しました。

成井曜子がデパートでアルバイトしていたら心配したらしく西出まゆみが現われました。

その後、成井曜子は西出まゆみを待たせていた地下のコーヒーショップに向かいました。

西出まゆみ曰く田村徹也が成井曜子にプロポーズする前に呑み会したから田村徹也が成井曜子にプロポーズしたことは見破りました。

西出まゆみは成井曜子を詮索しましたけれど成井曜子はむしろ困惑を抱きましたし田村徹也はあくまで友達以上恋人未満なのでした。

西出まゆみは田村徹也を援護射撃しました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

秦圭介と中川菜月は小笠原美奈を事情聴取しましたけれど小笠原美奈曰く、化粧品を注文してきた客を応対、購入者を管理、化粧品の受注や発送など事務の全般を行ないました。

小笠原美奈曰く「コンパニエーロ」が扱っていた化粧品は「リュミエール」だったけれど一日の注文自体は少ないながら十万円以上分を購入する上客は少なくありませんでした。

秦圭介は男性ゆえに女心は理解不能でした。

小笠原美奈曰く、「コンパニエーロ」には田崎実に対するクレーム電話が何件か届きましたけれど田崎実は言い逃れを行ないました。

小笠原美奈曰く「リュミエール」の代表者は高村文絵だったし「リュミエール」は店頭販売しなかった会員限定だから高村文絵が講演会を開催したし小笠原美奈は手伝いました。

✂︎------------------------------------✂︎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

当初、楢橋葵の母は団地に暮らしている野口魚子を見下していたから楢橋葵は泣きましたけれど楢橋葵が泣き出した理由を勘違いした父は母を説得しましたし懐柔をされました。

それなのに態度を一変させた母は楢橋葵が出掛ける直前、封筒に入れた金を渡しました。

楢橋葵と野口魚子は今井浜海岸駅にある「ペンション・ミッキー&ミニー」に到着しましたけれど人使いの荒い店主が待機しました。

✂︎------------------------------------✂︎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✂︎------------------------------------✂︎



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。