2019年10月04日

2019年10月3日 木曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(石田衣良、染井為人、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人、角田光代)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

BGMはauうたパスにあるIKKOさんによる『どうにもとまらない』等を選曲しました。

駄目元から検索したら無事に見付かりましたからダウンロードしました。

一度、IKKOさんによるトークショーに行きました。

生歌を聴きましたけれど作詞自体は阿久悠さんでした。

歌詞はIKKOさんのキャラクターにピッタリな雰囲気でした。

イメージよりIKKOさんは美人だからビックリしました。

他には映画『アルマゲドン』に使用されたエアロスミス『アイ・ドント・ウォント・トゥー・ミス・ア・シング』を選曲しました。

さらにはキッスによるベストアルバムを選曲しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

今日は完全なる睡眠不足でした。

本田翼ちゃんによるドラマ『チート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜』を見逃しました。

高橋努さんはどんな役柄なのか気になりました。

キスマイフットツーによるバラエティー番組『キスマイ超BUSAIKU!?』は休止されました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある石田衣良さん『絶望スクール 池袋ウエストゲートパーク15』を読書しました。

意外ながら早瀬勝利は素直に白状しました。

早瀬勝利は自分自身を好いてくれる青山隼吾と青山千春に常に罪悪感などを抱きました。

早瀬勝利曰く自分自身の家族を守りました。

真島誠から早瀬勝利に自首を提案しました。


真島誠と安藤崇は青山夫妻に近付きました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはユーネクストにある染井為人さんによる『正義の申し子』を読書しました。

栗山鉄平は太ったミワコに接客されました。

不意に栗山奈緒子の汚部屋を想起しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん『ウツボカズラの甘い息』を読書しました。

久保伸二曰くパンプスの足跡がありました。

強行犯係である仙崎貴史曰く近隣住民曰く付近にサングラスの女性が出没しましたけれど小綺麗なアラサーしか分かりませんでした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん『不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6』を読書しました。

村野秋生は何が正義なのか疑心暗鬼しながら長住光太郎の行ないを想起し逡巡しました。

サバサバした西原愛は気合いを入れました。

長住光太郎からすれば大崎康政は犯罪者ゆえ支援しない意向なのに西原愛は「推定無罪」を言い分に大崎康政には援護射撃しました。

村野秋生は西原愛の知識に驚愕をしました。

西原愛はあくまでもポジティヴなのでした。

逆に村野秋生はどんどんネガティヴでした。

村野秋生は次第に自身に自己嫌悪しました。


長住光太郎が自宅待機処分ゆえ大崎康政は犯罪被害者支援課に対し大人しくなりました。

村野秋生はストレスから解放をされました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん『神酒クリニックで乾杯を』を読書しました。

相変わらず一ノ瀬真美はスピード狂でした。

ようやく品川にある喫茶店に到着しました。

鍋島一太は何者かを待っている様子でした。

すると現われた初老に既視感を抱きました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん『魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ』を読書しました。

成瀬は小鳥遊優と天久鷹央、鴻ノ池舞に時山文太は事件性なく捜査しない旨を伝えましたけれど案の定、天久鷹央は癇癪をしました。

成瀬曰く遠回しに独自捜査を行ないました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん『スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ』を読書しました。

天久鷹央から詰問された大河内和之は神羅による精神疾患は精神科医だし否定しました。

天久鷹央は精神科医自体に嘲笑をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある角田光代さんによる『対岸の彼女』を読書しました。

楢橋葵曰く旅行者が自宅を留守にする間など些細な家事などをピンチヒッターしました。

田村小夜子に理解不能な価値観なのでした。

田村小夜子から生真面目に相談するのに豪放磊落な楢橋葵はすぐに軽口を応酬しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎