2019年09月15日

2019年9月14日 土曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎
 
こんばんは。 

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎  
【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

川名基三は車椅子の水無月玲を心配しましたけれど、あくまでもピンチヒッターでした。

結果的に水無月玲は羽生澄雄の従兄弟、蒼井俊は羽生澄雄の元交際相手を監視しました。


蒼井俊が休憩中、川名基三と春野杏菜も休憩するらしく特殊心理捜査班に帰還しました。

今回、蒼井俊と川名基三は羽生澄雄が都内ではないところに潜伏中だと推理をしました。

刹那、蒼井俊の人工知能曰く、羽生澄雄が荒川区東尾瀬にある交差点に出没をしました。

蒼井俊曰く間違えなく羽生澄雄なのでした。

都道東川中線を町屋方面へと向かいました。

川名基三は羽生澄雄の捜索に向かいました。

蒼井俊と春野杏菜も現場へと向かいました。


川名基三が運転する警察車両へ蒼井俊と春野杏菜が乗りましたけれど拳銃を持ちました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

何故なのか佐賀兼敏にはバレたりしました。

牧野聡美と小野寺淳一は叱責をされました。

佐賀兼敏は事なかれ主義ゆえに牧野聡美と小野寺淳一、猪又孝雄を放置し辞去しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

大崎美江すらトラブルメーカーなのでした。

さらに畑中真生の不自然さを指摘しました。

西原愛曰く、畑中真生が捕まった山梨県の刑事から情報を貰えないか半ば挑発しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

藤原は緊張性気胸によって気絶をしました。

一ノ瀬真美が呼んだキャンピングカーが到着しましたし神酒章一郎は九十九勝己に注射針を渡したし九十九勝己は脱気をやりました。

藤原をキャンピングカーに運び入れました。

『第二章』


九十九勝己と新庄雪子は呑み会をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

鴻ノ池舞は廃病院の内部に興奮をしました。

刹那、女性の泣き声が廊下へと響きました。

小鳥遊優と鴻ノ池舞が背後へと振り返ると入院着を着た女性が霧の中に出現をしました。

女性の顔面は腐りかけのゾンビなのでした。

鴻ノ池舞は小鳥遊優を放置して逃げました。

ようやく小鳥遊優も四階から脱走しました。

小鳥遊優と鴻ノ池舞は時計山病院の外に来ましたが小鳥遊優は違和感などを抱きました。

幽霊じゃなくて特殊メイクなどによるフェイクだと小鳥遊優は気付きましたし案の定、小鳥遊優は確認したく戻るつもりなのでした。

小鳥遊優は鴻ノ池舞を説得し懐柔しました。

小鳥遊優と鴻ノ池舞は四階まで戻りました。

しかしながら、仕掛けはありませんでした。


翌日、昨晩にあった時計山病院の一件など小鳥遊優と鴻ノ池舞は天久鷹央に伝えました。

しかしながら時計山病院の探索に参加出来なかった天久鷹央は子供のように拗ねました。

小鳥遊優は天久鷹央を懐柔する為に天久鷹央の大好物のケーキなど事前に用意しました。

案の定、天久鷹央は簡単に懐柔されました。

鴻ノ池舞は録画したDVDを準備しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

脳神経外科の部長である蔵野正が来ました。

ただし脳神経外科は必要ありませんでした。

小鳥遊優は沖田に天久鷹央を愚痴りました。

しかしながら沖田は天久鷹央を誉めました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。 

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎