2019年09月13日

2019年9月12日 木曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

バスルームを見た川名基三は嫌悪しました。

試しに蒼井俊がバスルームを確認した時、バスタブがなく大型犬用の檻が置かれました。
 
谷村博通は大型犬用の檻に監禁されました。

食べる物はドライフードを与えられました。

さすがに惨状に蒼井俊らは絶句をしました。


特殊心理捜査班へと帰還し会議をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

小野寺淳一曰く、立木智則と菅野丈太郎は安西佳子を不正受給する為に結託をしました。

小野寺淳一曰く、反社会的勢力が相手ゆえに絶対的な動かない証拠を入手後、社会福祉事務所から警察に告発する予定を閃きました。

徹底的に不正受給を追及するつもりでした。

牧野聡美と小野寺淳一が居残りする最中、猪又孝雄と倉田友則は帰宅へと向かいました。

牧野聡美と小野寺淳一は安西佳子以外に菅野内科病院に通院する生活保護受給者を調査する為わざと遅くまでずっと居残りしました。

調査を終えた牧野聡美と小野寺淳一は調べた調査内容を確認する為に喫茶店に居ました。

反社会的勢力である道和会に汚染された地区に在住する生活保護受給者は案の定、ほとんど何故なのか菅野内科病院へ通院しました。

小野寺淳一は山川亨が菅野内科病院と生活保護受給者の違和感を無視したことを指摘するし牧野聡美は山川亨すら庇いませんでした。

牧野聡美は金田良太を懸念しながら小野寺淳一へと説得をしましたし最終的に牧野聡美と小野寺淳一は津川署まで車で向かいました。

会議室に待機したら若林永一郎が来ました。

牧野聡美と小野寺淳一は金田良太と安西佳子の一件を伝えましたけれど困惑をする若林永一郎曰く、金田良太の遺体発見をしました。

『第三章』

牧野聡美と小野寺淳一は混乱を抱きました。

小野寺淳一が若林永一郎へと詰問したら若林永一郎曰く、金田良太は他殺をされました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

村野秋生は大崎康政へと事情聴取しました。

相変わらずに感情すらをコントロールしない大崎康政に村野秋生はまた疲れ果てました。

大崎康政は三浦翔也の言動に嘲笑しました。

しまいには村野秋生へ八つ当たりしました。


早速、村野秋生は目黒中央署へ着きました。

乾は村野秋生に対し三浦翔也を任せました。

坂下は三浦翔也の説諭に疲弊を抱きました。

坂下は村野秋生にバトンタッチをしました。

三浦翔也は明らかに反省してませんでした。

早速、大崎康政や日本新報を嘲笑しました。

三浦翔也は案の定、屁理屈すら語りました。

結局、逮捕などせずに解放を行ないました。

村野秋生は本橋怜治に報連相をやりました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

神酒章一郎は外人部隊の衛生兵なのでした。

すると一ノ瀬真美曰く一ノ瀬真美すら神酒章一郎からヘットハンティングをされました。

一ノ瀬真美は神酒章一郎に惚れていました。

刹那、エレベーターからは金髪の男性を拉致した変装姿である男性三人組が現れました。

そのうちの一人は急に拳銃を発砲しました。

九十九勝己が一ノ瀬真美を庇っている隙に男性らはミニバンを使いながら逃走しました。

生還した九十九勝己と一ノ瀬真美は一ノ瀬真美のミニを使いながら追跡を行ないました。

車体には改造されたエンジンがありました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

するとハヤブサは時計山病院に着きました。

鴻ノ池舞はビデオカメラで撮影をしました。

ようやく時計山病院の中へ侵入をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎ 

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

天久鷹央曰くリウマチ性多発筋痛症でした。

誤診ではなく田宮淳子の勘違いなのでした。


小鳥遊優は天久鷹央の勘違いから救命救急医の沖田が居る救急部をピンチヒッターしましたけれど当直だったし満身創痍なのでした。

次なる男性患者の電子カルテを確認したら元暴力団員だし過去には覚醒剤を使いました。

宇宙人の存在を示唆したり支離滅裂でした。

前原隆三は明らかに覚醒剤依存症だったし案の定、小鳥遊優はまた疲労困憊をしました。

前原隆三曰く宇宙人が脳内をいじりました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎