2019年09月12日

2019年9月11日 水曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎ 
こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

羽生澄雄は早稲田通りを使用しましたけれどそれ以降の行方まではいまだに不明でした。

春野杏菜曰く空き家の多い地域なのでした。

川名基三は羽生澄雄確保には焦りましたし会議中だった水無月玲がようやく戻りました。

川名基三は水無月玲から叱責をされました。

『第十一章』


蒼井俊、川名基三、原茂之は空き家を捜査する為に池南三丁目へと急遽、向かいました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある「パレートの誤算」を読書しました。

猪又孝雄はあくまで事なかれ主義しました。

牧野聡美は猪又孝雄に違和感を抱きました。

昼休憩の際、牧野聡美と小野寺淳一は津川市役所にある中庭で待ち合わせ合流しました。
 
小野寺淳一は金田良太の一件に我慢した直後は安西佳子を調査する為に通院先である菅野病院へとアポイントメントを行ないました。

牧野聡美は菅野病院へ同行する予定でした。

実際には菅野病院は診療所の雰囲気でした。

看護師に指示されたし応接室へ行きました。

応接室に現われた菅野内科病院の院長である菅野丈太郎は還暦過ぎながら好々爺でした。

すると小野寺淳一が確認したら菅野丈太郎曰く安西佳子は何度か定期健診に訪れました。

安西佳子の説明に矛盾はありませんでした。

菅野丈太郎曰くアルコール性肝硬変でした。

牧野聡美は何かしら得体の知れない違和感を抱いたし小野寺淳一は詐病すら疑いました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

無論、特別捜査本部は畑中真生と反社会的勢力である暴力団が関連しないか疑いました。

いよいよ村野秋生は長住光太郎に三浦翔也とどんな関係性なのか単刀直入に訊きました。

長住光太郎曰く、あの時はたまたま三浦翔也から記者会見のことを質問されたらしく長住光太郎と三浦翔也の接点は否定をしました。

それに村野秋生は疑心暗鬼を行ないました。

すると大崎康政は村野秋生に電話しました。


村野秋生は大崎康政の自宅に向かいました。

パトカーが待機するし何故か乾が居ました。

三浦翔也は大崎康政の自宅に侵入しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

藤原は江東区のペントハウス内に居ました。

九十九勝己と一ノ瀬真美は一ノ瀬真美の愛車内から地下駐車場へと待機を行ないました。

高級マンションが見渡せる路肩へと停めたキャンピングカーには夕月ゆかりが居ました。

神酒章一郎、天久翼、黒宮智人の三人組は藤原が居るペントハウス内へと向かいました。

鍵は黒宮智人がピッキングする予定でした。

ある意味、刺激を欲求する神酒章一郎は危うい事件に好奇心旺盛だったしゆえに天久翼と黒宮智人すらヘットハンティングしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

颯爽と現われた女性は鴻ノ池舞なのでした。

ただし、ハヤブサは小鳥遊優が買いました。

それなのに鴻ノ池舞に自慢話をされました。

小鳥遊優は鴻ノ池舞の後席へと跨りました。

案の定、レーサーさながら運転をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

次なる田宮淳子は太った中年の女性でした。

田宮淳子曰く母が町医者に誤診されました。

小鳥遊優は高脂血症による薬である副作用の横紋筋融解症だと、ようやく気付きました。

田宮淳子曰く、町医者を訴える予定でした。

田宮淳子は証拠である検査結果を小鳥遊優に渡しましたけれど確認したら困惑しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎