2019年09月11日

2019年9月10日 火曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

水無月玲曰くアジトは中野区内なのでした。

大泉実篤は高槻修吾に報連相をするか迷いましたけれど水無月玲はそれ自体を否定しましたし上層部は蒼井俊を信用しませんでした。

当然、蒼井俊は水無月玲に急かされました。


春野杏菜は特殊心理捜査班に復帰しました。

相変わらずに蒼井俊はアジトを検索しましたけれど川名基三からはまた嘲笑されました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】  

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

小野寺淳一は二日酔いらしく不機嫌でした。

牧野聡美と小野寺淳一は若林永一郎に金田良太の一件を通報するべきか困惑をしました。

まず牧野聡美は猪又孝雄に報連相しました。

猪又孝雄は金田良太のことを嘲笑しました。

猪又孝雄曰く、金田良太は行方知らずの音信不通ゆえに受給停止手続きを検討しました。

若林永一郎に対する報連相を反対しました。

案の定、猪又孝雄には疎ましい存在でした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

一部の社員の遺族は大崎康政によるパワハラを指摘したし損害賠償請求が係争中でした。

長住光太郎は被害者支援には辟易しました。

長住光太郎は大崎美江の交友関係を訝ったけれど大崎美江はむしろ生粋なお嬢様でした。

大崎美江には兄である大崎亨すら居ました。

大崎亨は「バンリュー」の副社長だったけれど大崎康政は大崎美江に期待を抱きました。

畑中真生は拉致方法、動機は黙秘しました。

長住光太郎は大崎康政を人格否定しました。

畑中真生はほとんどホームレス状態でした。

一時期、西麻布の半グレと交流をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

再度、九十九勝己は危機感すら抱きました。

猛スピードに驚いたバイクは転倒しました。

しかしながら猛スピードだった車は一ノ瀬真美が運転するキャンピングカーなのでした。

一行をキャンピングカーに乗せ一ノ瀬真美は再度、キャンピングカーを猛発進しました。


車内では九十九勝己が助手席に座りながら運転席の一ノ瀬真美をこっそり注視しました。

神酒章一郎は生き残った小太りな男性を拉致したし天久翼の読心術をまた駆使しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

小鳥遊優は時山由梨の病室へと訪れたけれど時山由梨の喜怒哀楽は興奮状態なのでした。

一方、小鳥遊優は鴻ノ池舞に電話しました。

『幕間』

とある人物は魔弾の完全犯罪をやりました。

『第二章 四階病棟の幽霊』


スズキのハヤブサに乗った人物が来ました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。 

すると女子高校生にしか見えないのに実際は二十七歳だったし探し求めた天久鷹央だったし小鳥遊優のプライベートを見破りました。

ちなみに小鳥遊優の部屋はプレハブでした。


小鳥遊優は老婆の苦労話に辟易しましたが天久鷹央は衝立に隠れながら読書をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎