2019年09月10日

2019年9月9日 月曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

羽生澄雄は生真面目な性格にゆえに尚更、几帳面かつ完璧主義者だったし疎まれました。

大泉実篤曰く、後輩を厳しく叱責しました。

しかしながら、羽生澄雄の妻が急逝した為に鬱状態から心療内科へと通院を行いました。

復職後、羽生澄雄は周囲から孤立しました。

横領は弁済しましたけれど懲戒免職処分された後、羽生澄雄は一人暮らしだったし新大久保のマンションに家財道具だけ残しました。

羽生澄雄は行方知らずだし音信不通でした。

川名基三曰く都内に居ない旨を言いました。

水無月玲は蒼井俊に画像検索を依頼しましたけれど羽生澄雄は高身長かつ痩せ型でした。


川名基三は蒼井俊に八つ当たりをしました。

羽生澄雄は主に中野駅北口に出没しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

川崎なる人物が牧野聡美宛に電話しました。

声に既視感を抱いたし金田良太なのでした。

金田良太曰く、安西佳子の調査をする牧野聡美の安否などに一方的に忠告を行いました。

翌朝、小野寺淳一に報連相を行ないました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎      
 
【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

本橋怜治は村野秋生に偵察を依頼しました。

村野秋生と長住光太郎は犬猿の仲ゆえに当然ながら村野秋生は複雑な気持ちなのでした。

試しに長住光太郎を呼び出したら長住光太郎は村野秋生が酒を奢ることに期待しました。

長住光太郎は大学生の妹と同居をしました。

妹から長住光太郎の部屋に住み出しました。

普段から犯罪被害者支援課が利用する高架下にあったイタリア料理店へと向かいました。
 
村野秋生が長住光太郎に大崎康政を確認したら大崎康政を田中角栄などに揶揄しました。

大崎康政は孤高の人物だと見解をしました。

大崎康政の社員は以前、自殺をやりました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

それらを見ていた九十九勝己は夕月ゆかり、天久翼、黒宮智人を守ることを誓いました。

九十九勝己が二人を相手に格闘する最中、神酒章一郎は十人以上を戦闘不能にしました。

生き残った男性がいきがったらバイクだけじゃなく猛スピードの車までやって来ました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】  

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

天久鷹央に指示され個室病室に入りました。

抑鬱状態ゆえに精神安定剤を服用しました。

不意に小鳥遊優は無力感などを抱きました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

カーテンは開かないし電灯すら皆無でした。

そもそも室内には大量の本が置かれました。

部屋には高校生の少女しか居ませんでした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎