2019年09月09日

2019年9月8日 日曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(東野圭吾、五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

単行本バージョンは東野圭吾さんによる「希望の糸」を読書しました。

中屋多由子は綿貫哲彦との面会を希望しましたし接見室に居る中屋多由子は穏やかだったけれど綿貫哲彦に妊娠したことをカミングアウトしましたから松宮脩平は驚愕しました。

綿貫哲彦は自分自身が育てることを提案しましたけれど中屋多由子曰く、出鱈目を言いましたし綿貫哲彦の喜びが心の拠り所でした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

高槻修吾曰く、羽生澄雄・関川和司・谷村博通の三人は共通点や接点などは皆無でした。

しかしながら羽生澄雄は高槻修吾の後輩だった為にすぐに羽生澄雄に対し擁護しました。

羽生澄雄自身はいまだに行方知らずでした。

水無月玲は高槻修吾へ指摘を行ないました。

すると高槻修吾は蒼井俊に詰問をしました。

高槻修吾は特殊心理捜査から辞去しました。

大泉実篤曰く、高槻修吾と羽生澄雄は同郷ゆえに高槻修吾は羽生澄雄へ庇護をしました。

大泉実篤すら羽生澄雄に対し擁護しました。


ようやく羽生澄雄に関する捜査をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎  
   
【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

安西佳子曰く御崎町にある菅野病院でした。

最後に牧野聡美が安西佳子に立木智則に関する質問したら牧野聡美は追い出されました。

牧野聡美は小野寺淳一に電話を行いました。

後日、菅野病院を調べることになりました。

牧野聡美は牧野昌子から呼び出されました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】   

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

すでに峰は三浦翔也の失態を把握しました。

元々、日本新報は経営が危うい状況でした。

峰曰く、現在の三浦翔也は週刊ジャパンの編集部専属ながら、あくまで契約記者でした。


村野秋生は本橋怜治に結果報告をしました。

ついでに長住光太郎の一件を相談しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

急展開に九十九勝己は困惑すら抱きました。

神酒章一郎は藤原なるオーナーの情報を探る為にカジノに居た下っ端を呼び寄せました。

神酒章一郎は軍隊格闘術すら披露しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

天久鷹央は時山由梨に正義すら誓いました。

しかしながら、小鳥遊優に懐柔されました。

小鳥遊優は時山由梨の回診に向かいました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「スフィアの死天使 天久鷹央の事件カルテ」を新たに読書しました。

完璧にど忘れしましたから再読しました。

『プロローグ』

男性は金縛りな上に宇宙人に遭遇しました。

男性は何故なのか安堵感すらを抱きました。

実は男性の両親は離婚したから男性は反抗的な自分自身の性格に自己嫌悪を抱きました。

『第一章 邂逅』


小鳥遊優は東京都東久留米市にある天医会総合病院に到着したから建物を確認しました。

新たに統括診断部に勤務する為に来ました。

何故なのか受付嬢二人組は怪訝をしました。

小鳥遊優は外科医だったけれど内科医になる為に天医会総合病院統括診断部に来ました。

小鳥遊優はとある美女に一目惚れしました。

とある美女は事務長である天久真鶴でした。

元々は天久真鶴の祖父が個人病院しました。

天久真鶴曰く、統括診断部の部長である天久鷹央は天医会総合病院の副院長なのでした。

天久真鶴の父は院長から理事長になりましたし鶴の一声から天久鷹央に指名をしました。

すると天久真鶴の叔父か兄を連想しました。

天久真鶴は小鳥遊優を屋上に案内しました。

副院長室なのに洋風作りな屋敷なのでした。

天久真鶴曰く、屋敷自体が天久鷹央の自宅だったけれど、ほとんど引きこもりしました。

これまでに統括診断部へ派遣された医師は天久鷹央の性格に怒り心頭ゆえに辞めました。

小鳥遊優は決心しながら室内に入りました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎