2019年09月04日

2019年9月3日 火曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(東野圭吾、石田衣良、五十嵐貴久、五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

単行本バージョンは東野圭吾さんによる「希望の糸」を読書しました。

中屋一家が大金持ちだった理由は父による着服した金だったし貧乏生活に転落しました。

案の定、両親は離婚しましたし中屋多由子と兄は独り暮らしする父方の祖母が居る豊橋に預けられたし母は知人の居酒屋で働きましたけれど店長と同棲し母に見捨てられました。

父はたまに来るけれど会話は途切れました。

兄は高校卒業後、寮のある会社へと就職し自立しましたから中屋多由子と祖母による二人暮しだったし中屋多由子が高校に入学したら中学校時代の先輩からは告白をされました。

初体験を終えた後、セックスに夢中だったし避妊はいい加減ゆえに生理はなくなったし中屋多由子の異変に気付いた祖母は密かに中屋多由子を中絶させましたけれど仕方なく恋人に事後報告をしたら音信不通になりました。

高校卒業後、社員寮を目当てにしながら東京の調布市にある食品メーカーに就職しましたけれど祖母が体調不良ゆえに電話に出ないから心配した中屋多由子は帰省を行いました。

しかしながら、祖母の遺体を発見しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある石田衣良さん「少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2」を読書しました。

成瀬彰は盾を持った男性らに囲まれました。

本庁の捜査一係は投降の指示をやりました。


するとマコトは牧野温の姿を発見しました。

成瀬彰は窮地から自殺の準備を行いました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「土井徹先生の診療事件簿」を読書しました。

立花令子と警察犬のカールは相思相愛ゆえにまずはお互いに挨拶の愛情確認をしました。

立花令子と竹内冬子は世間話を行いました。

竹内冬子は立花令子へある相談をしました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

巡査部長である後藤次春は東世田谷署では関川和司の先輩だったけれど当時、取り調べする時に被疑者に暴行と脅迫を行ないました。

依願退職した後は肝癌による病死しました。

当然ながら三人目は警部である谷村でした。

蒼井俊は水無月玲へと報告を行ないました。


関川和司の室内には一千万円がありました。

銀行の残高は五千万円ゆえ明らかに反社会的勢力からの情報提供料金だと発覚しました。

それに銀座にあるバーの店員曰く、何度か関川和司と谷村が来たことなど目撃しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

竹本曰く、反社会的勢力は借金をした多重債務者、薬による薬物中毒者、生活保護の受給者などの社会的弱者を厭わずに喰いました。

反社会的勢力がしのぐ為に喰いものにする利用対象はほとんど生活保護の受給者でした。

一部の反社会的勢力は貧困ビジネスによる囲い屋を行ないましたし路上生活者であるホームレスから生活保護費をピンハネしました。

案の定、竹本は道和会さえを示唆しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

村野秋生と本橋怜治は三浦を訝ってました。

しかしながら、試しに村野秋生がインターネットを検索したら三浦は本当に記者でした。

松木優里に三浦翔也の有無を確認しました。

松木優里は知らないし広報課に行きました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

神酒章一郎曰く、井出明男と川奈雄太は学生時代から腐れ縁の幼馴染だったけれど、いまだに井出明男と川奈雄太は交流をしました。

先日の際、桜井から情報を引き出しました。

九十九勝己は他の宿泊者が通報しないか不信感を抱きましたけれど一ノ瀬真美曰く、神酒クリニックとホテル側は癒着がありました。

サトリが出来る天久翼が事情聴取しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。


天久鷹央の自宅は統括診断部の医局を兼ねましたけれど天久鷹央は自分自身がアスペルガー症候群ゆえに勝手に改造を行ないました。

天久鷹央は読書家ゆえに本ばっかりでした。

小鳥遊優曰く膵臓癌は転移をしましたけれど他には特に不可解な異常などは皆無でした。

案の定、天久鷹央は自作したらしい超ハイスペックなコンピューターで時計山病院を検索しましたけれど実際に行く予定なのでした。

珍しく満身創痍の天久鷹央は調査を延期しましたけれど鴻ノ池舞を巻き込む予定でした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎