2019年09月02日

2019年9月1日 日曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(東野圭吾、石田衣良、五十嵐貴久、五十嵐貴久、柚月裕子、堂場瞬一、知念実希人、知念実希人)


✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎
  
こんばんは。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【通常日記】  

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

単行本バージョンは東野圭吾さんによる「希望の糸」を読書しました。

24

中屋多由子は検事から綿貫哲彦が記した手紙を貰いましたけれど中身を確認したら綿貫哲彦曰く松宮脩平に仲介され「弥生茶屋」の常連客だったSに会いましたしSは花塚弥生と深く関係する少女の戸籍上の父なのでした。

ようするに綿貫哲彦は松宮脩平には花塚弥生殺害事件に関わる真相などを説明しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある石田衣良さん「少年計数機 池袋ウエストゲートパーク2」を読書しました。

横山礼一郎はマコトの提案を採用しました。


案の定、横山礼一郎はマコトからの軽口通りにホテルはメトロポリタンを予約しました。


マコトはメトロポリタンへと向かいました。

するとマコトは牧野温へ安否確認しました。


翌朝には、またマコトは護送をされました。


防弾ヴェストと防刃ヴェストなど着ました。

準備したら池袋西口公園へと向かいました。


直後、池袋西口公園円形広場へ着きました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「土井徹先生の診療事件簿」を読書しました。


土井徹曰く、雑誌は山羊への餌なのでした。

しかしながら、犯人は川越友香なのでした。

友達の居ない川越友香は毎日のように井の頭公園に隣接する自然文化園へ向かいました。

川越友香は純粋に山羊へと餌を与えたい為に手当り次第、エロ本を万引きしたのでした。


試しに自然文化園へと一行は行きましたけれど案の定、川越友香が山羊にエロ本を破りながら餌がわりに与える光景を目撃しました。

土井徹に指示され桃子が近寄っていました。

早速、桃子と川越友香は仲良くなりました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある五十嵐貴久さん「PIT 特殊心理捜査班・水無月玲」を読書しました。

蒼井俊は水無月玲からの報告を聞きました。

一同が集まったら水無月玲曰く今後は関川和司殺人事件の捜査支援へ専従になりました。

水無月玲と川名基三曰く、関川和司だけじゃなくて谷村さえ殺害した人物は案の定、警視庁に勤務しました警察官だと断言しました。

対象者は水無月玲曰く、八千人なのでした。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある柚月裕子さん「パレートの誤算」を読書しました。

牧野聡美と小野寺淳一はバーへ行きました。

竹本は小野寺淳一の母の弟にあたりました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある堂場瞬一さん「不信の鎖 警視庁犯罪被害者支援課6」を読書しました。

しかし、江波は記者会見を打ち切りました。

そのまま大崎康政は会議室を辞去しました。

大崎康政を怒り心頭させた記者である三浦を確認したら長身かつ無精髭の男性だったけれど村野秋生は不意に既視感すら抱きました。

記者会見前に何故なのか長住光太郎と三浦らしき記者が親しく会話しましたから訝りましたけれど長住光太郎は会議室を消えました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「神酒クリニックで乾杯を」を読書しました。

このメンバーを美人局だと勘違いしました。

井出明男はすぐさま、部屋を逃げましたが先ほどのクラブに居た男女二人組も居ました。

九十九勝己は神酒章一郎に反論をしました。

不承不承、九十九勝己は一ノ瀬真美とカップルになりすまし夕月ゆかりを観察しました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある知念実希人さん「魔弾の射手 天久鷹央の事件カルテ」を読書しました。

時山文太は葬儀の準備ゆえ辞去をしました。

天久鷹央は時山由梨から事情を訊きました。

時山由梨は天久鷹央に解明を懇願しました。

司法解剖が出来ないし小鳥遊優は訝りましたけれど天久鷹央は病理解剖を提案しました。


病理医である久保が病理解剖を行いました。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎✎