2019年06月30日

2019年6月29日 土曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(伊坂幸太郎、有栖川有栖、染井為人、真山仁、島本理生、伊坂幸太郎、辻村深月)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんばんは。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【通常日記】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
   
【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」を読書しました。

桧山景虎は突然、争いを問題提起しました。

桧山景虎曰く争いは必要悪だと言いました。

すると桧山景虎は一方的に辞去をしました。


水戸直正は地下鉄が青葉城址の最寄り駅である竜の口渓谷駅に到着したし下車しました。

青葉城とは立体映像による仮想建築でした。

ようやく伊達政宗の騎馬像に気付きました。

ベンチに中尊寺敦らしき男性が座りました。

はたして男性は本当に中尊寺敦なのでした。

水戸直正は中尊寺敦へと手紙を渡しました。

案の定ずっと眼鏡の男性を待っていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある有栖川有栖さん「海のある奈良に死す」を読書しました。

無事に読了しました。

合流した英都大学社会学部犯罪社会学・火村英生助教授は最後の最後、謎解きしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある染井為人さん「悪い夏」を新たに読書をしました。


佐々木守の自宅アパートのエアコンは故障したらしくタイマー機能は機能しませんでしたから風邪を引いた佐々木守は辟易しました。

しかしながら、外は例年以上に灼熱地獄だし佐々木守は天気に畏怖を抱き過ごしました。

低身長の佐々木守に満員電車は生き地獄だったし、ようやく船岡市役所へ向かいました。

千葉県にある船岡市は地方都市なのでした。

佐々木守は船岡市役所へ勤務していました。

早速、社会福祉事務所に到着していました。

生活福祉課・保護担当課に在籍をしました。

オフィスにはすでに課長の嶺本が居ました。

今日は火曜日だけど木曜日には独居老人の生存確認をする独老回りを行なう予定でした。

嶺本は朝礼の際、お偉いさんが生活保護受給者の増加問題に敏感なことを問題提起しましたし生活保護の受給者を減らす方針でした。

佐々木守の隣の高野洋司は溜め息しました。

嶺本の方針に早速、高野洋司は疲れました。

基本、生活保護受給者は屁理屈を言ってくる為に高野洋司は対策に困り果てていました。

高野洋司は佐々木守に押し付けていました。

すると宮田有子が話に割り込んできました。

高野洋司は宮田有子にはへっぴり腰でした。

生活保護受給者をケースと呼んでいました。

ですから、社会福祉事務所に居る佐々木守たちはケースワーカーだと呼ばれていました。

ケースの家庭訪問にはウンザリとしました。

当然ながら、ケースだってケースワーカーとの接触を極力、避けている傾向なのでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある真山仁さん「そして、星の輝く夜がくる」を読書しました。

冨田和代は事なかれ主義を貫いていました。

冨田和代は小野寺徹平の正義に疲れました。


小野寺徹平は県営住宅へと歩いていました。

福島智史は県営住宅に引っ越してきました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある島本理生さん「レッド」を読書しました。

夫は村主塔子を詰問し謝罪を要求しました。

村主塔子は夫自身には罪悪感は皆無でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「サブマリン」を読書しました。

すると若林青年は毎朝、棚岡佑真少年が交通事故を起こした現場付近を歩いていました。

陣内は棚岡佑真少年の復讐劇を推理しましたし珍しく屁理屈を言わずに訊ねていました。

棚岡佑真少年曰く、若林青年は栄太郎の実家に手紙を送っていたし住所を記してました。

ある日、栄太郎の墓参りに行くと棚岡佑真少年は栄太郎の両親から自宅に誘われました。

元々、棚岡佑真少年は復讐を考えてました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある辻村深月さん「朝が来る」を読書しました。

大空と仲直りしたから嬉々と過ごしました。

栗原佐都子は何故か部屋に居ませんでした。

しばらくは大空の自宅で遊んだりしました。

栗原朝斗は一人で部屋まで帰宅をしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

2019年06月29日

2019年6月28日 金曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(伊坂幸太郎、有栖川有栖、真山仁、島本理生、伊坂幸太郎、辻村深月)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんばんは。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【通常日記】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」を読書しました。

地下鉄の車内では桧山景虎を夢想しました。

総合学校時代の卒業式間近まで遡りました。

水戸直正は忘れ物し学校へと戻ってました。

何故なのか屋上に桧山景虎が立ってました。

最初、水戸直正は飛び降り自殺だと勘違いしたから助ける為に咄嗟に屋上に行きました。

桧山景虎だと気付いてから畏怖をしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある有栖川有栖さん「海のある奈良に死す」を読書しました。

推理作家・赤星楽はシレーヌ企画・霧野千秋に騙されたまますっかり奈良に行きました。

すると春日大社付近で殺害は行われました。

シレーヌ企画・霧野千秋はわざわざシレーヌ企画・穴吹奈美子女史に遺書を書きました。

案の定、嫉妬心から二人の殺害をしました。


シレーヌ企画・霧野千秋が自死した翌日、推理作家・有栖川有栖と先輩作家・朝井小夜子は英都大学社会学部犯罪社会学・火村英生助教授に会う為に英都大学図書館に居ました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある真山仁さん「そして、星の輝く夜がくる」を読書しました。

遠藤悟朗と松井奈緒美は自宅に帰りました。

小野寺徹平は冨田和代へと確認をしました。

福島智史をいじめたのを否定していました。

田窪は単に保科の味方を行なっていました。

冨田和代はなあなあに対処をしていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある島本理生さん「レッド」を読書しました。

小鷹はわざわざ風邪薬などを買ってました。

小鷹は珍しくすんなりと部屋から出ました。

鞍田秋彦は村主塔子へとメールをしました。

翌朝、回復したしバイキングに行きました。

一方、大雪で飛行機は飛ばなくなりました。

夫に電話すると案の定、逆ギレされました。

実は夫と麻子は村主塔子を嫌疑してました。

すると鞍田秋彦に会った日を訝ってました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「サブマリン」を読書しました。

陣内の機転から喧嘩は無事に収束しました。

16

後日、武藤と陣内は棚岡佑真少年に会うために一緒に鑑別所の調査室へと向かいました。

やっと棚岡佑真少年は陣内を認識しました。

陣内は棚岡佑真少年に屁理屈を言いました。

案の定、棚岡佑真少年は反論を言いました。

陣内曰く、棚岡佑真少年は栄太郎を撥ねた若林青年を復讐の為に轢き殺すつもりでした。

ただし、別人の男性をうっかり撥ねました。

17

案の定、棚岡佑真少年は動揺などしました。

真相に再度、武藤はショックを抱きました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある辻村深月さん「朝が来る」を読書しました。

栗原佐都子は真実に動揺し目眩がしました。

片倉ひかりは窃盗と横領など行ないました。

何と勤務先の金庫から現金を盗んでました。


栗原朝斗は栗原佐都子を密かに見てました。

栗原朝斗はあの日をまた夢想していました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月28日

2019年6月27日 木曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(伊坂幸太郎、有栖川有栖、真山仁、島本理生、伊坂幸太郎、辻村深月)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんばんは。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【通常日記】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」を読書しました。

しかしながら、都内在住の高齢女性から新札幌まで手紙を依頼されたから困ってました。

刹那、仙台空港の飛行機かを迷ってました。

それなのに高齢女性は遠慮をしていました。

すると青葉山に行くことを決心してました。


新仙台駅は五階建てだし迷ったりしました。

青葉城には地下鉄で行くことが出来ました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある有栖川有栖さん「海のある奈良に死す」を読書しました。

シレーヌ企画・霧野千秋は出版社になりすまし推理作家・赤星楽にウィスキーを渡しましたけれど推理作家・赤星楽は従兄弟・近松ユズルにそのウィスキーを譲渡していました。

シレーヌ企画・霧野千秋は推理作家・赤星楽の従兄弟・近松ユズルさえ憎んだから、この誤算とはむしろラッキーな状況なのでした。

シレーヌ企画・霧野千秋は自らのトリックを推理作家・赤星楽に話し興味を引きました。

案の定シレーヌ企画・霧野千秋は推理作家・赤星楽をわざとロケハンへと誘導しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある真山仁さん「そして、星の輝く夜がくる」を読書しました。

当時、福島智史と保科は仲良くしてました。

遠藤悟朗は騒ぎを起こしたし反省しました。

しかしながら、小野寺徹平と松井奈緒美は遠藤悟朗の正義感をむしろ褒めたりしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある島本理生さん「レッド」を読書しました。

村主塔子と小鷹はとある工場に着きました。

帰り道、村主塔子は小鷹に頼まれた為に夕食用に茶屋街にある和食店の予約をしました。

小鷹曰く、村主塔子と鞍田秋彦が別れたことに気付いたし色々なことを見破ってました。

更に村主塔子の夫についても見抜きました。

小鷹は村主塔子に鞍田秋彦を推薦しました。

しかしながら、次第に村主塔子は意識が朦朧としたから村主塔子と小鷹はホテルに戻ったし案の定、村主塔子は風邪を引いてました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「サブマリン」を読書しました。

しかしながら、若林青年は面接を受けた時にまずは面接官へとカミングアウトしました。

さすがに陣内はそれに呆れてしまいました。

案の定、若林青年は採用されませんでした。

若林青年はアルバイトしながら栄太郎の被害者遺族へと慰謝料と謝罪文を送ってました。

15

帰り道、武藤はあるショックを抱きました。

すると若林青年は飲酒運転しそうな若者を発見した為に果敢に注意を行なっていました。

案の定、若者は若林青年に反論をしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある辻村深月さん「朝が来る」を読書しました。

11

栗原佐都子と栗原清和は今更、栗原朝斗を引き取りに来ていた片倉ひかりを疑いました。

引き取った当初、会社は特別養子縁組ゆえに栗原佐都子の育児休暇に懐疑的なのでした。

在宅勤務は断わったし栗原佐都子は栗原朝斗の為に専業主婦になることを決断しました。

一方、刑事曰く、あの日に栗原佐都子と栗原清和に会いにきた女性は片倉ひかりでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月27日

2019年6月26日 水曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(伊坂幸太郎、有栖川有栖、真山仁、島本理生、伊坂幸太郎、辻村深月)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんばんは。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【通常日記】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」を読書しました。

一方、ガンマモコのメンバーである田中カナタはライブ中、警備員に刺殺をされました。

しかし、警備員は裁判中、自死をしました。

昨日ガンマモコの杏アントは死去しました。

杏アントは癌で闘病生活を送っていました。

ガンマモコのマニアである眼鏡の男性と中尊寺敦はガンマモコのメンバーが亡くなった場合には再会することを話し合っていました。

中尊寺敦は仙台杜市にある青葉山、青葉城の伊達政宗像を待ち合わせ場所に指定しましたが今は中尊寺敦とは音信不通になりました。

ちょうど研究室は青葉山にあったのでした。

何故かパスカには報酬が入金されてました。

システム故障し新幹線は動きませんでした。


新幹線から降ろされ新仙台駅へ歩きました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある有栖川有栖さん「海のある奈良に死す」を読書しました。

その後、推理作家・有栖川有栖は雅ホテルに居る先輩作家・朝井小夜子に電話しました。

先輩作家・朝井小夜子曰くシレーヌ企画・霧野千秋は何故なのか登場をしませんでした。

【エピローグ 最後の絵解き】

シレーヌ企画・霧野千秋は投身自殺しましたし事前に警察宛へと遺書を送っていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある真山仁さん「そして、星の輝く夜がくる」を読書しました。

福島智史のあだ名は田窪のみ使ってました。

松井奈緒美曰く原因は田窪の母なのでした。

田窪の母は福島智史の悪口を吹聴しました。

しかしながら、小野寺徹平は懐疑的でした。

小野寺徹平は阪神・淡路大震災の被災者だけど東日本大震災には無知だし困ってました。

遠藤悟朗曰く田窪は以前から卑怯者でした。

元々、福島智史と保科は福島に住んでいた頃は同じ小学校だったしクラスメイトでした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある島本理生さん「レッド」を読書しました。

小鷹曰く鞍田秋彦は棚橋を気に入りました。

一方、村主塔子は夫に幻滅をしていました。

村主塔子の夫は翠の世話を放棄してました。

金沢出張の日、夫は麻子を頼っていました。

金沢に行く為に朝一に飛行機に乗りました。

小鷹は今更、村主塔子へ謝罪を行いました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「チルドレン」を読書しました。

若林青年の家庭だけど母は失踪をしました。

父子家庭だし父はアルコール依存症でした。

やがて若林青年は不良と仲良くなりました。

若林青年は救急救命士の資格を取りました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある辻村深月さん「朝が来る」を読書しました。

栗原佐都子は栗原朝斗が四歳になった際ようやく片倉ひかりの手紙を読み聞かせました。

浅見曰く片倉ひかりは胎児を大事にしましたし最後の最後まで自分自身の育児を希望しましたけれど案の定、やっぱり中学生でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2019年06月26日

2019年6月25日 火曜日 人見利香徒然なるままに 通常日記と読書日記(伊坂幸太郎、有栖川有栖、真山仁、島本理生、伊坂幸太郎、辻村深月)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

こんばんは。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【通常日記】

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「シーソーモンスター」を読書しました。


実は中尊寺敦とは情報工学部の大学院で知り合ったしお互いにシンパシーを抱きました。

ガンマモコをきっかけに意気投合しました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある有栖川有栖さん「海のある奈良に死す」を読書しました。

推理作家・有栖川有栖たちが乗っている新幹線は富士山付近を通過している最中でした。

しかも、偶然、担当編集者・片桐光雄が乗っている新幹線が線路ですれ違っていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある真山仁さん「そして、星の輝く夜がくる」を読書しました。


放課後、小野寺徹平は遠藤悟朗と松井奈緒美から先ほどの喧嘩の詳細などを訊きました。

松井奈緒美は田窪に怒り心頭になりました。

小野寺徹平は千葉哲と松井奈緒美のみに福島智史が東電社員の子女だと伝えていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある島本理生さん「レッド」を読書しました。

帰り道、村主塔子は小鷹に遭遇をしました。

何と金沢出張の助手を村主塔子にしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある伊坂幸太郎さん「サブマリン」を読書しました。

武藤は陣内の屁理屈には根負けをしましたし居酒屋である天々に行く羽目になりました。

陣内曰く若林青年の正体は棚岡佑真少年の親友である栄太郎を撥ねた加害者少年でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【読書日記】

電子書籍バージョンはauブックパスにある辻村深月さん「朝が来る」を読書しました。

栗原佐都子と栗原清和、浅見は赤ちゃんの産みの親に会う為シティーホテルに居ました。

とある夫婦と娘らしき姉妹が待ってました。

娘たちは高校生と中学生に感じられました。

栗原清和から命名は朝斗だと宣言しました。

中学生の少女は栗原佐都子へ事実告知する際にわ子供に読んで欲しい手紙を預けてました。

そこには片倉ひかりだと記されていました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

みなさん、おつかれさまでした。

おやすみなさい。

読んでいただきありがとうございました。

オススメの小説があれば気軽にコメントして下さい。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇